FC2ブログ

米国株価指数ダウ想定!クロス円の上昇はいつまでか?米国の中国潰しと大恐慌の始まり





2020年6月1日 米国株価指数ダウ日足 MT4

フィボナッチリトレースメント フィボナッチエキスパンション分析



米国株価指数ダウはコロナウイルスの影響で暴落し急騰し
行って来いの値動きになっています。



クロス円通貨全体でも同じような値動きとなっています。



このリバウンドの上げがどこまで継続するかはテクニカルで想定可能です。



しかし、現状の世界経済は100年前の大恐慌を超えています。



各国が経済対策に必死で取り組んでいますが現状の実体経済は
どうかと言うとGDPが軒並み下がり鎖国状態が続いています。



アメリカ議会とトランプ政権は中国を本気で潰しに来ています。



アメリカの動向を正確につかまなければ先を想定する事は難しく




日本のマスコミは中国の工作にやられており、正確な情報を
あえて流していない状況です。




米国株価指数ダウは、工業株30種類の平均でもろ実体経済の
先行きを示しており、鎖国状態では国内の内需を拡大するしか方法はない状況です。



今は上昇していますが、上昇ターゲットを達成し
コロナの第二波やアメリカと中国の間接的な紛争などが起これば



一気に大暴落する可能性があり、大口のヘッジファンドなどは
これを狙っていると考えられます。



上昇ターゲットまでは値を上げてきますが
達成後、どう動くかは世界情勢の状況に左右されると思われます。



日本も同様で派遣に依存し、所得を下げてきた結果 
コロナで拍車がかかり、失業者の急増と企業のリストラ、ボーナスカット



これからが大恐慌になる序章の始まりと考えられます。



犯罪が発生し、生活保護者の急増など普通に生活できる水準の人が
いなくなる可能性があります。



中間層の所得者がいなくなり、金持ちか貧乏人しかいない世界が待っています。



政府の2次 3次の補正予算次第でそれは回避できる可能性はありますが



真水として財政出動を追加で100兆円出し



消費税を0%か廃止しなければ、元に戻すことは不可能です。



また個人への給付金を2回、3回と実施する事です。




所得に影響がない立場と影響のある立場、認識がかなりズレ
危機感があると無しでは対応や対策に違いが生じます。



日本人は受け身で、我慢強く いいところでもあり欠点でもあります。



現状の大恐慌を突破するには、政治家にプレッシャーと危機感を与え続け
声を上げていくしか方法がありません。



黙って見ている状況ではないと認識して行きたいものです。



これからが、大恐慌への本当の始まりだと思う次第です。



しかし日本が持っている経済的ポテンシャルは極めて高く


マスコミは報道しない為、真実を語る方はごく少数で
知らない方が大多数です。



世界で一番経済的に復活できる状況でもあります。


テクニカル分析を基礎から学びフィボナッチを極めたい方は
投資の基礎はタダで学べ




為替・FXランキング


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

究極のテクニカル分析の極意
最新記事
カテゴリ
プロフィール

fxsupply

Author:fxsupply
日々、為替FXの分析をフィボナッチのテクニカルと通貨の相対性の強弱で分析しています。

FXで生計を立て、相場からお給料を頂いている、50代難病持ちのおじさんです。

分析内容は責任を負えませんので、各自の判断でお願いします。

ブログからは広告、アフィリエイト収入等のリンクは設定しておらず趣味で運営しています。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QR